So-net無料ブログ作成
検索選択

NHKスペシャル 『メガヒットの秘密~20年目のB'z』 [素敵なB'z語録]

■松本氏:『感覚かな、野性の感』

「B'zは何故売れるんですか?」の質問に、、、


■稲葉氏:『とにかく手を抜かない姿勢をみせるというのをテーマに、そこがちゃんと伝わっていればなんらかの結果は出てくるんじゃないかなと思っています』


■松本氏:『職人のこだわりだね』

♪いつかまたここで・ のギターソロ部分が気に入らず何度も作り直す松本さんに 取材スタッフから「十分カッコイイと思うんですけど」と言われ 『細かいニュアンスなんです、僕がこだわってるのは、聴いてる人はほとんどわからないかもしれないけど』に続き、、、



■松本氏:『一番変わったのは音楽環境にお金が凄く使えるようになった、売れてる事の強みだね』

ミュージシャンとしての贅沢は、、、、

*以前にも『売れて良かった事は次の音楽に投資出来る』と答えられてしまた。



■稲葉氏:『日によってはシャワーを立ってあびられない時もあるので』

2004年の1月にノドの手術をしてから必要以上にノドの管理に気をつかっている事や、体の面でもツアーには専属のトレーナーを常に同行させている、『いかに衰えを遅らせるかがテーマ』という稲葉さんそれでも、、、


■松本氏:『ストイックていうことかな 』

稲葉さんを一言で表現するとの質問に、、、

*松本氏:『B'zのボーカルとしての自覚が凄いよね、ノドの管理や体力の維持、あれは普通の努力では無理だと思うね、あんまり彼は口数が多い方じゃないからいちいち言わないけど、見えないところで凄いがんばってるんじゃないですか』


■松本氏:『音楽のクオリティーがさがったり、そーゆーのがないもんね』

『B'zは幅広い音楽をやるじゃない、そーゆー時にハードッロク一辺倒のドラマーだと、俺こーゆーのはやりたくないとか、、、、』

*B'zが2人である意味が伝わります。



■稲葉氏:『B'zのシンガーですね』

稲葉さんは「アーティストですかミュージシャンですか?」の質問に『アーティストとでもミュージシャンて認識もない、音楽家でもない』「では稲葉さんは何ですか?」の質問に、、、、

*以前から自分は『歌い手』ってよく言われてました



■松本氏:『でもそれって、どーやって出会いえるかは偶然じゃない?』

『僕がギターの才能が人よりあったて事じゃなくて、他の人よりそーとー好き(ギター)だって事、誰にも負けないくらい好きなものを見つける事が原動力になるんじゃない?』、、、、

『15歳でギターに出会えた自分はラッキーだった、俺あれ出来なかったら、他の事何もできないもん』



■稲葉氏:『今日の景色を胸に焼き付けて、またいっぱい勉強して、いっぱい練習して、また戻ってきます』
9月21日デビュー20年目の日・横浜 日産スタジアムのliveシーンから、、、、



*B'zはなぜ売れるのか、取材を通じて見つけたのはあまりにもシンプルな答だった 「愚直な努力をこつこつと続ける二人の姿だった」と番組は締めくくられました。愚直=正直すぎて気のきかない・こと(さま)、馬鹿正直←まさに2人にぴったりの言葉ですよね^^;
トラックバック(0) 

トラックバック 0