So-net無料ブログ作成
検索選択
B'zローカルnews ブログトップ
前の15件 | 次の15件

『津山という響き』 [B'zローカルnews]


津山市市勢要覧に稲葉さんからのコラム『津山という響き』

津山市HP 市勢要覧 ◇コラム:市民栄誉賞受賞者 稲葉浩志さん(B'z) をクリック
 

トラックバック(0) 

「ポイチョ」にて [B'zローカルnews]

瀬戸内海放送、おぎやはぎ司会の番組「ポイチョ」にて有名人の実家を訪れる、、、稲葉化粧品店

●岡山の名所をめぐるという事で、提案された、『岡山の有名人の実家に言ったら?』の矢作の提案に、

小木:『岡山なら絶対に行きたいところはB'z!』「知り合いなの?」の問いには『しゃべった事はないよ!』

矢作:『絶対無理!!稲葉さんはでかすぎる、現実味のある次長課長(岡山市出身)にしよう、電話一本ですむから、お母さんにタンメンやってもらおーよ』

小木:『だったら稲葉さんにタンメンやってもらおーよ』(爆)

ポイチョじゃん拳で決める事になり、小木が勝つ、、バカなふりして入っていこう!と言う事で稲葉さの実家に決定。   BGM 「ultra soul」

稲葉化粧品店にて、

小木:(恐る恐る)ここはあの~~B'zの稲葉さんのお家なんですよね?

稲父:はい

矢作:ほんとに実家なんですよね?こちら、、、(稲父に向かって)ひーおじいちゃん?

稲父:(笑)

小木:ひーおじいちゃんなわけないだろ~(笑)

小木:(ファンに)何してんですか?

ファン:ここでは稲葉さんの小さい頃の写真がみられるんですよ

稲父:(メッセージノートについて)皆さんがそうして、筆跡を残したのを自分で(稲葉さんが)読んでます。

矢作:町の化粧品屋さんにしては店員さん多いですよね?これは相当儲かってるって事ですよね、美人揃いでお父さんの趣味ですか?

稲父:(笑)

矢作:それでお母さん外に出してる訳ですね!

店員さん達:(爆)

テロップ:怒られないうちに帰りましょう

小木:お父さん今度稲葉さん帰って来た時おぎやはぎが来た事伝えて下さい。

おぎやはぎからの稲葉さんへのメッセージ『今日は15時間かけて東京から車でやってきました、うっそで~~す(笑)機嫌をそこねてたらごめんなさい。おぎやはぎ、愛川ゆず季、ばちっこ、全員感動しました、本当です、色々あると思いますが、体に気をつけてポイチョを見て下さい』   BGM 「ゆるぎないものひとつ」

稲父からイナバメンバーズカードをもらって退散、、、

ロケ後

矢作:稲葉さんち選んでよかったよね~~ 河本さんて言ってた自分が恥ずかしいよ。

                                      END
トラックバック(0) 

稲葉浩志津山ファンクラブルーム [B'zローカルnews]

元旦の津山朝日新聞に「稲葉浩志津山ファンクラブルームの紹介」としてリストワール津山が紹介されました。
トラックバック(0) 

『VOICE21』 [B'zローカルnews]

山陽放送の番組『VOICE21』「キラリ国体の町 ご自慢グルメ 秋編」国体の開催地の名所や特産を紹介する番組にて津山の名所としてイナバ化粧品店 くらや 焼き肉千恵等を紹介。 稲葉さんのお兄様とお母様のインタビュー等も放送されました。BGM「RUN」 
トラックバック(0) 

NHKおかやま『きびきびワイド』 [B'zローカルnews]

8/1(月)NHKおかやま『きびきびワイド』610~国体盛り上げビーズコピーバンドコンテストのもようを放送、放送内容紹介

●7月23日(土)津山市のアルネ津山の広場にて岡山国体を盛り上げるため開催企画された『B'zコピーバンドコンテスト』の最終審査が行われ、その際の模様が番組で放送されました。

放送内容:津山市役所内で実行委員会が集まり企画や当日朝からから開催広場での準備の風景、各バンドのステージシーン等が短いですが紹介されました。

集まった観客は想定の最大数約1000人

参加した観客からは『夏休みに素敵な企画をして頂いたことで思い出深い』『けっこう盛り上がってて良かった!最高でした。』『年甲斐もなくわきたって、いい気分になりました』等感想がありました。

最優秀賞に選ばれた愛媛の『B・B・II』からのコメント『国体のテーマ曲のRUNを岡山の津山で歌うって事でものすごく緊張しました』*尚岡山国体「障害者スポーツ大会」の閉会式の日に演奏予定

今回の企画の実行委員長鈴木さんは『コンテストもコンテストでいいのかなと思ってたんですけど、B'zファン、第2のB'zを目指すコピーバンドの方々が1年に1度津山に集まれる日というのもいいのかなと、、』 

最後に司会のアナウンサーより、『このRUNですが私も嗜む程度に演奏した事があるのですが難しいですよね』との言葉がありました。
トラックバック(0) 

2005年岡山国体のイメージソング [B'zローカルnews]

bzr020708.jpg■2005年岡山国体のイメージソングが、日本を代表する人気ロックグループ・B'zの「RUN」に決まった。8日午前、石井正弘岡山県知事が会見し明らかにした。イメージソングは開催機運を盛り上げたり、国体総合開会式などの式典で使うことにしている。県が昨年7月から、B'z所属事務所に提供が可能かどうか打診していた。石井知事は「若々しく躍動感あふれるメロディー、未来への希望に満ちた歌詞で、全国から集う選手を力づけてくれる。(メンバーで津山市出身の稲葉浩志さんからも)提供について快諾をいただいた」と説明。また「国体開催に合わせて出演いただくよう、交渉していきたい」と述べた。
 県は、近く完成する「RUN」を収録したCD(非売品)を、県内市町村や競技団体に配布。また、同事務所に吹奏楽向けのアレンジを依頼しており、譜面が出来上がれば県内の中学・高校に配る予定。05年に岡山県内である全国障害者スポーツ大会のイメージソングとしても使われる。
B'zは、ボーカルの稲葉さんとギターの松本孝弘さんが1988年に結成。シングル18作、アルバム19作でそれぞれ百万枚以上の売り上げを誇り、日本の歴代アーティストの売り上げ記録を更新中。「RUN」は1992年に発表したアルバムのタイトル曲で、B'zを代表する人気作のひとつ。 <山陽新聞>*山陽新聞ではTOPページで扱われていました。

■「RUN」のCDジャケットと、7月8日現在B'zの公式HPのトップページに使用されている2人の画像と共に、「B'zのボーカルが津山市の出身である事もあり、B'zの曲を使用」と『曲の使用に関して事務所は快諾、しかし使用料はあきらかにしていない、、』と <KSBニュース>
トラックバック(0) 

B'zのコピーバンドを募集! [B'zローカルnews]

「岡山国体にともない全国からB'zのコピーバンドを募集!」今期開催される岡山国体にB'zの楽曲『RUN』が使われる事から考案  TV山陽新聞コーナーnews~

追記(5/26) >岡山国体のイメージソング『RUN』を作詞したロック歌手稲葉浩志さん(B'z)の出身地、津山市や市国体実行委員会などが、国体を盛り上げようと『B'zのコピーバンドコンテスト』を企画。7月23日の最終選考会に向け、参加するアマチュアバンドの募集を始めた。B'zの楽曲「RUN」を演奏、収録したデモテープ MD を6月24日までに津山市役所の国体推進室へ郵送するか持参 宅配便も受け付ける。バンド名やプロフィール、全員が写った演奏風景の写真か集合写真、代表者の氏名、連絡先などを明記して同封。テープにもバンド名と代表者名を書いたラベルを張る。5バンドに絞り込んで7月4日に通知。23日の最終選考会では、午後3時から同市新魚町のアルネ津山東広場でライブ演奏する。審査は公募で選ばれた市民10人や稲葉さんの親族が担当し、最優秀賞(賞金30万円)と優秀賞4バンド(同10万円)を決める。   審査する市民(年齢不問)を募集しており、問い合わせは同市国体推進室(0868-32-2123) 26日読売新聞~

追記(6/26)
6月22日、神戸で行われたコンサートを、大会スタッフが訪れ、稲葉さん、松本さん、ご本人から、本大会最優秀バンドに贈られる副賞のギターにサインを頂きました、大会までの期間中津山市内で展示する予定ですが場所・期間等は未定、決定しだいホームページ上でお知らせいたしますとの事。現在津山市HPにてギター画像公開中

追記(6/27)サイン入りギターを、津山市役所1階市民ホールにて6月27日(月)~7月1日(金)9:00~16:30の間展示 
アルネ津山1階北口のショーウインドウにて公開中です! 期間2005年7月2日(土)~7月23日(土)10:00~19:30  (土曜日は20:00、最終日は正午頃まで)
 
ギターの写真etcはこちら

bzr050518.jpg

bzr050518-2.jpg

bzr050518-3.jpg

こんな大会関係者用Tシャツも作られました。

 

追記(7/24)『B'zコピーバンド国体盛り上げ津山で競演』23日テープの審査を通過した岡山市の『禅 ZENNE』などの5バンドが「RUN」を含む3曲づつを演奏し、全国から聖地に集まったファン約千人がこぶしを突き上げ盛り上がった。国体開会式のディレクターを務める音楽プロダクション関係者や一般公募のファン、稲葉さんの高校、大学時代のバンド仲間らが審査。最優秀の『B・B・II』(愛媛県新居浜市)にはB'zの2人の直筆サイン入りエレキギターが贈られた。 7/24山陽新聞~

トラックバック(0) 

元旦の国体関連新聞 [B'zローカルnews]

元旦の国体関連新聞にB'zの曲「RUN」に勇気をもらおうと記事
bzr050101.jpg●岡山国体のイメージソング「RUN」は、国内屈指の人気ロックグループ・B'zの数ある代表作の一つ。メンバーの2人のうち、ボーカルを務める稲葉浩志さんは津山市の出進だ。昨年7月にイメージソングに決定。石井知事は「若々しく躍動感やリズム感あふれるメロディー、歌詞は未来への希望に満ちており、全国から集う選手達を力づけてくれるはず。」と選曲理由などを発表した。

RUNは、1992年の発表した6枚目のアルバムタイトル曲。国体関連の会議やイベント、テレビ番組、県内市町村で行われているリハーサル大会などで流され、開催機運の盛り上げに一役買っている。

'05.1.1元旦 山陽新聞~
トラックバック(0) 

『RUN』 [B'zローカルnews]

岡山で開催される2005年岡山国体記事 入場行進曲には岡山市出身の作曲家小六禮次郎(ころくれいじろう)さんに作曲を依頼した。イメージソングには『B'z』の『RUN』が決まっており、入場行進では行進曲用にアレンジした『RUN』や童謡の『桃太郎』等岡山ゆかりの6曲を組み合わせたメドレーも用意する。読売新聞~
トラックバック(0) 

「マジっすか」の『ニュウスステーション』 [B'zローカルnews]

関西地区で放送の番組「マジっすか」の『ニュウスステーション』(地方の駅前から一般の人に本日の出来事を語って頂くコーナー)にて津山駅前より稲葉ぱぱ登場!ファンにむけてお礼の言葉。
●津山駅構内にて、リポーターの陣内智則さんが稲パパに声をかける
陣内=出来事、ニュースを聞いてるんですけど、
稲父=今年初めて私どものお店がお休みしまして、
陣内=何をやってはるんですか?
稲父=化粧品店を! たまたま新年のご挨拶に、、、こちらの駅長さんにご挨拶にきました。息子の関係でお世話になっていると、、
陣内=息子さん何をされてるんですか?
稲父=う~~~~ん、、、、私、、、イナバと申します、、 B'zの稲葉浩志の父です!♪BGM『熱き鼓動の果て』
*陣内さん床に這いつくばって後ずさる(*o☆)、、周りの人に小声でまじっすか?まじっすか?ほんとに?と信じられないとゆう表情で聞く
陣内さん口に指をあててて『シィ~~~』のポーズのまま、
陣内=え~~~~あんま大きい声でゆたら駄目なんですよね?お父さんの顔から視線を上にうつして、、みて、、そ~~~いえば、、、似てない!似てない!(笑)   ほんまですか?
稲父=そうです!
陣内=すごい~~~  よ~稲葉さんここから産まれましたね、
稲父=私が産んだわけじゃなんですけど(笑)
陣内=え~ ま~ でもね、、でもね、 あ~~びっくりしたな~僕   お父さんが1番好きなB'zの曲って何ですか?
稲父=そ~ね~『月光』ですかね   ♪BGM『月光』
*場所を津山駅前駐車場に移し、設置されたキャスター用?のカウンターに座り、
陣内=ここ津山駅で凄い出会いです!B'zの稲葉浩志さんのお父様 稲葉一夫よりお伝えいたします!
稲父=稲葉一夫です、今日はたまたま新年のご挨拶に津山駅にきたところ、こ~ゆ~出会いがありまして、捕まってしまいました!(笑)

え~~この席を借りましてですね、、全国のファンの皆様に、津山の、お~~~~~~~またおいで下さいますよう重ね重ねお願い申し上げ~~、いつもの、、、、、ごひいきに預かった事を感謝申しあげます。
陣内=長い!おとーーさん!(笑)でも、許してしまいます!   さっきごんご亭(駅前にある店)のおちゃんに聞いたら「Mr ボールド(吉本芸人)」しかいてないて!
津山で作った曲もあると思うんですけど?、、
稲父=ど~でしょう? *陣内さん後ろを振り返り、、駅の向こうに見える月を指差しながら、、
陣内=あれやっ!『今夜月の見える丘に』  ♪BGM『今夜の見える丘に』 行きましょ~~皆で!
陣内=大成功ですねっ!!*ひたすら笑っている稲父
陣内=楽しかったです! 楽しかったですか?お父さん? でもこーしてしゃべってると~~~~~~面影が、、、(稲父ズーーーームアップ!)ないです!ないです!
稲父=すいませんね~~(笑)
*このご再び「ごんご亭」のおっちゃんに津山の有名人を尋ねにいく、陣内さん、、(;⌒▽⌒A
トラックバック(0) 

月刊プラザ岡山 [B'zローカルnews]

月刊プラザ岡山vol.22にて「津山特集」バール横丁、衆楽園などの名所とともに、小さくですが、『若い女性が殺到するご存じB's「稲葉浩志」の生家イナバ化粧品店(店内での稲ママ写真)とお兄様経営のくらやのワッフル』との紹介*お気付きでしょうか、、、なぜかB'zがB'sになっているの(; ̄O ̄)
トラックバック(0) 

クイズ [B'zローカルnews]

フリーペーパー「living」の「これが出来たら岡山通」クイズの第10問目に『B'zの稲葉浩志さんは岡山県出身。実家のお店の名前は? 1.B'z化粧品 2.イナバ化粧品 3.コージー化粧品』出題!
トラックバック(0) 

岡山FM「fmペイブメント」「志庵や今後の活動」についてメッセージ [B'zローカルnews]

●いよいよ明日リリースになるニューアルバムについて話していきたいと思います。アルバムタイトルは「志庵」僕のプライベートスタジオの名前で、もともとはその横に和室みたいなものがあってそこが「志庵」だったのを、スタジオの方も志庵にした、何年か前から環境が整ったんだけど、なかなか創作活動始めなくて、去年の10月に皆で話あって、なんか出来るといいなって事で遊びながらスタートして段々と出来る事が分かってきて、機材が揃って軌道にのり始めたのが11月12月頃で、そこで曲を作っていった。スタジオは普段仕事をしてなければ昼寝したりできる、外のスタジオも楽しみだけど、なれ親しんだ所ですごくリラックスしてやれる貴重な場所だな~という感じっです。ピアノがあったりするんですけど、だいたいは曲を作ってることが多い、志庵ぜひ聴いて頂きたい。

●10/9、本日発売のニューアルバム、皆さんゲットして頂きましたか?今日は歌詞カードを見ながら聞いて頂きたい、アルバムの中に僕の体に歌詞が書いてあるものがあり、タトゥーを貼って撮影してるんですが、出来たらよく読めなかった(笑)そ~ゆ~カードがはいってる、目をこらして見ると見えると思うんでいい感じかもしれない。今回ソロって事で特にB'zとここを変えてやろうと意識はしてないんだけど、詩の部分に同じ「僕」とゆう言葉でもB'zで歌うと「僕達」て意識がある。ソロで歌うと1人で単数系ですから、個人的な色合いが強くなる。中でもソロならではの「O NO RE」の『やりたきゃ~やりゃえんじゃ~』て岡山弁を連呼してますけど(笑)大きな声でいきたいと思います、ぜひ期待して下さい。

●今日は何話しましょーか、めずらしく凄く忙しくて、仕事以外にこるものがみつからない、ちょっと暇があるとバイクで出かけたいなと思うけど、出かけておりません(力説^^;)ぜひ時間があったらバイクで岡山に帰ってみたいと思ってます、ぜひチャレンジしたい、え~いつくるか分からないオフに向けてバイクの整備をやってこーかな~と思います。

●残念ながら今日が最終日になってしまいました、私稲葉浩志です!メッセージという事で「今後の予定」ですが、ソロとして2回めのアルバム「志庵」をリリースいたしまして、今まであまり考えていなかった liveという事に関してちょっと考えてまして、別にいつやるという事ではないんですが、今後生のオーディエンスの前で発表するいい形が見つかれば、チャレンジしてみたい。もしやる時はぜひいらして下さい。そして、それをやって、また当然B'zの活動もあるわけで、今年もバンドとして色々いい経験をさせてもらって、いっぱい!いっぱい!エネルギーをもらって、それを新しい作品に入れていきたい、またすぐ新しい作品が作れると思うので待っていて下さい、岡山の皆さんまた会いましょう~稲葉浩志でした(⌒∇⌒)ノ~~
トラックバック(0) 

「人間列島」 [B'zローカルnews]

読売新聞(全国掲載)にて毎週月曜に掲載の「人間列島」(各県の有名人等の紹介、)今回は岡山県その1 稲葉氏についてはロックデュオ「B'z」のボーカリスト稲葉浩志は郷里津山から市民栄誉賞を受賞。生家などを巡る観光コースもできた。と紹介される。*残念ながらお写真はなし、、、写真入りではオリンピック選手の森末慎二さんや有森裕子さん等が紹介される。
トラックバック(0) 

パネル展 [B'zローカルnews]

おかやま国体のPRに岡山市役所でPR展開催(17~19日)パネルボードに公式マガジンの記事がコピーされて展示されました。無料配付のオフィシャル・マガジンに2人のプロフィールとRUNについての紹介記事

bzr020719.jpg●2人のプロフィールとともに、以下の記事が掲載

「晴れの国おかやま国体」と「輝いて!おかやま国体」のイメージソングがB'zの「RUN」に決定しました。

B'zは1988年に結成された松本孝弘さんと稲葉浩志さんの2人によるロックユニット。デビュー以来数々のCDセールス記録を更新し続けるなど、名実ともに日本を代表するアーティストです。「RUN」は、そのB'zが1992年に発表した6枚目のアルバムのタイトル曲。若々しく躍動感のあるメロディーや、未来への希望にあふれた歌詞は、大会に参加する全ての人びとを力づけ、勇気を与えてくれるでしょう。今後、このイメージソングは、大会に関連したテレビ、ラジオの広報番組や、イベントなどで使用され、大会開催の雰囲気を盛り上げていきます。

オフィシャル・マガジン vol 1~
トラックバック(0) 
前の15件 | 次の15件 B'zローカルnews ブログトップ